FC2ブログ

貨幣博物館は勉強になる

日本橋を北へ進むと、紙幣を発行し、通貨の番人と呼ばれる日銀が高層ビルの裏手に控える。

CIMG1160c.jpg CIMG1162c.jpg

日銀の役割をよく説明してくれるのが日銀の向かいの三越新館東側の貨幣博物館。

CIMG1161c.jpg

日銀創立100周年に開館したそうだ。
入館すると名前など記入し、荷物をロッカーに預けて2階へ登る。するとおみやげの自動販売機。

CIMG1165c.jpg

その横に写真撮影スポット2ヶ所が控える。1つは1万円札1万枚と同じ重さと大きさを持ちあげる所。

CIMG1164c.jpg

もう1つは大きな石の貨幣のレプリカ。ヤップ島ではこんな重いものが貨幣だそうだ。本物は展示室にある。

CIMG1163c.jpg

ビデオで説明する席の横のドアの先に展示室が登場する。さすがにそこは撮影禁止。
入ると古代トルコの西洋貨幣と中国の東洋貨幣の起源がまず現れ、あとは現代までの日本の貨幣の歴史が判り易い説明付きで貨幣や紙幣を陳列してある。そこで知ったのは和同開珎より古い貨幣が発掘された事と、明治の海外との不平等条約で金銀は等価にさせられ、外国人が文字通りあぶく銭のように銀を日本に持ち込んで金に変えて儲けていた事実など。貨幣経済についても実に勉強になる。他に世界の珍しい紙幣などが色々並んでいた。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

石の貨幣とは「はじめ人間ギャートルズ」を思い出しますね。

石の通貨を運ぶ

原始時代に貨幣があるのはギャートルズの漫画の世界だからですね。漫画では重い筈の石を運んでいますが、ヤップ島ではそれはないようです。置いてある石の支配権が流通しているそうです。
但しかつて別の島から持ち込まれた時は漫画の世界が現実だった筈です。

No title

紙幣に金貨や銀貨がザクザクあるところでしょうね、日銀の貨幣の博物館って。

確かに日本橋には貨幣たくさん

博物館の陳列品としておもしろい世界の、過去の紙幣やコインがたくさんありました。それより大量の紙幣とは真向かいの日銀でしょうね。
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示