FC2ブログ

昔ながらの風情ある谷中を散策

大きな墓地で有名な上野公園北部の谷中。入口には花屋も並ぶ。徳川家の墓もあり、スカイツリーも上が見えた。

CIMG1442c.jpg CIMG1441c.jpg

谷中は戦災や震災の影響があまり無く、昔の面影を残す建物や街並みが残る。
江戸時代の政策で神田から移転させられた経緯から寺も多い。
観音寺には土塀の上に屋根を葺いた築地塀。絶好の撮影スポット。夕日が激しく逆光。

CIMG1446c.jpg

出発点は下町風俗資料館付設展示場。明治時代の酒屋を保存した。

CIMG1435c.jpg CIMG1436c.jpg

向かいや近くには古い建物が人気の喫茶店が点在。

CIMG1432c.jpg CIMG1437c.jpg

一帯は伝統工芸の店や個性的なアトリエやギャラリーに変身したスポットも点在する。有名なのが下の写真の元銭湯スカイザパスハウスと元質屋すぺーす小倉屋。

CIMG1439c.jpg CIMG1445c.jpg

寄り道するスポットとして寺町美術館、現在改装中だが朝倉彫塑館もある。

CIMG1443c.jpg CIMG1448c.jpg

北に進むと夕やけだんだんという階段があり、逆光でまぶしかったが谷中銀座を見下ろす。

CIMG1449c.jpg

坂が多い街だが、反対側の御殿坂を下るとすぐ日暮里駅。
近くの日暮里富士見坂は関東富士見100景に選ばれ、都心で富士見坂と呼ばれる16の坂で現在唯一、坂の地面に立ったまま富士山を眺望できる場所。最近高層マンション計画により妨げられる事から景観保全運動が起きている。写真では眩しいがほんのりまだ富士が見えた。

CIMG1450c.jpg CIMG1451c.jpg

残暑でふーふー言いながら歩き回ったが、お陰で江戸時代の風情をしっかりかみしめる事が出来た。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。

観音寺の土塀など、谷中の台地はお寺が多く、江戸情緒が残っている所です。
富士見坂からの冨士山は冬の晴れた日でないとよく見えないのですが、夏でも見えたということは空気も澄んでいたのでしょうね。
今でも富士山の見える貴重な場所なので、マンションが建つ計画があるというのは残念なことです。
うちでも2010年にここから見えるダイヤモンド富士をブログに載せたことがあります。

富士見坂のダイヤモンド富士

2010年2月15日付けの記事、拝見しました。テレビや新聞でそのニュース聞いたことがありますが、実際に拝むと神々しくなるでしょうね。その頃でもマンションが正面にできて、消える範囲が狭くなっていたのですね。今回残る富士の場所も隠されてしまうのでは、惜しいですが、富士山と結ぶ視線で遠く新宿区など何メートルまでokと試算はできているのでしょうか。そこまで規制できるか大変そうですが。

No title

谷中は墓地と寺のエリアと思い込んでいましたが、昔ながらの建物をギャラリーや喫茶店にしているので、行ってみたくなりました。

No title

趣ある街ですね。
因みに、谷中生姜は、谷中と関係があるんですか?

坂1回登れば駅から近い谷中

坂も多いので残暑の時の散策は少々バテますが、そろそろ爽やかで坂も平気でしょうか。上野公園から芸術通り北上してみましたが、日暮里や千駄木駅からは1回坂を上りますが、谷中の北側は近いですね。富士見坂や谷中銀座のスポットも近く。

谷中生姜

葉のついた茎が赤くなるあれですね。江戸時代このあたりで取れたのが名前の由来だそうです。ちなみに谷中とは2つの台地の中間だから名付けられたそうです。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示