FC2ブログ

東京の美術館に春が来た(part2:渋谷・六本木)

芸術の春をかみしめる為、上野に続いて渋谷と六本木へ。
渋谷のBUNKAMURAでは3月31日からレオナルドダヴィンチ美の理想展がstart。

CIMG7611c.jpg

初日早速足を運んだ。途中の東急百貨店にも宣伝。

CIMG7631c.jpg

写真は入口。雨の土曜日の夕方、初日でもあり、中は賑わっていた。

CIMG7628c.jpg

今回の目玉は写真の日本初公開のダヴィンチの傑作、ほつれ髪の女。小さな絵だが優美な表情が印象的。

CIMG7630c.jpg

ダヴィンチの今回の作品はそれ以外は幾つかの習作、弟子と共同で製作した岩窟の聖母など限られ、弟子やレオナルド派の作品や後世の画家による数々のモナリザなど合計80の作品を集めて美の理想をテーマとしたユニークな展覧会だった。6月10日まで。 

一方今年開館5周年を迎えた六本木の国立新美術館では28日からセザンヌ-パリとプロヴァンス展が始まった。

CIMG7606c.jpg

直後の最初の土曜に行くと、あまり混んでなかった。写真は入口。

CIMG7607c.jpg

近代絵画の父とも称されるセザンヌの生まれ故郷プロヴァンスとパリいう2つの場所に注目した企画。パリに出て印象派に大きく感化されたが、表現に創意を凝らし、印象派と異なる新しい絵画を確立した足跡をたどる。
但し故郷にこもった孤高の画家とされるセザンヌは、実は何十回もパリを往復し、近代化の進むパリを故郷での創作に吹き込んでいたようだ。
今回はオルセーや日本の美術館などあちこちから集まったセザンヌオンリー90点の画期的な企画。再現されたアトリエも展示。サントヴィクトワール山等の風景、リンゴ等の静物、庭師等の人物、と種類で分けていて個性ある画家の世界がわかりやすかった。こちらは6月11日まで。

CIMG7602c.jpg

美術館のハシゴは印象を弱める恐れもあるので、渋谷と六本木の中間の表参道の青山フラワーマーケットのTEA HOUSEで一休み。この日はスコ-ンと4時の紅茶のセット。

CIMG7626c.jpg CIMG7620c.jpg

温室のような緑の空間で癒された。

CIMG7625c.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

TREview




東京都 ブログランキングへ





スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

セザンヌはけさの日経でも特集していますね。故郷ではいい評判でなさそうです。

セザンヌ礼賛

日経読みました。晩年近くは売れっ子になっていますが、評価されるのは遅れたようですね。
今回日本の美術館から30点も集められたのも、日本人が早めにセザンヌの良さに気付いていったのと関係あるようです。

No title

レオナルドダビンチの描く女性は優美ですね。モナリザもそうですし。

ほつれ髪

ほつれ髪とはみだれ髪?ところが髪の筆致は極めて繊細で、顔にも陰影が巧みに施されいる。静かで優美で微妙な微笑、モナリザと共通する美の表現にほれぼれしてしまいました。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示