FC2ブログ

東京の美術館に春が来た(part1:上野)

東京の美術展もいっぺんに春が来た。3月下旬から相次いで海外の至宝が東京にやって来る。セザンヌもダヴィンチも。その前に上野にはボストン美術館から日本美術の至宝がやってきたので、特別展Openingの3月20日にさっそく足を運んだ。

CIMG7532c.jpg CIMG7531c.jpg

上野の公園内を進み、東京国立博物館正門を入ると本館。

CIMG7444c.jpg

本館左側を進むと会場の平成館。途中スカイツリー撮影ポイントもある。

CIMG7446c.jpg CIMG7448c.jpg

館内入場し、長いエスカレーターを昇った所に仏像、仏画、水墨画から染織など日本に保存されていたら国宝相当の作品がずらり並んでいた。

CIMG7451c.jpg

2つの会場に分かれていて、第1会場では馬頭観音仏像や四天王像を見た後、今回の目玉の一つ、在外2大絵巻と評価される作品に出会う。人気に加え、絵巻が低い位置にあって、館内で最も混んでいた。まずは遣唐使の吉備真備が中国での試練に打ち勝つ物語が痛快に描かれている。もう一つは平治の乱。合戦の勢いが工夫凝らして描かれている。
居並ぶ狩野派の絵も見て、第2会場へ回ると曽我蕭白の雲龍図、長谷川等伯や尾形光琳の屏風、伊藤若冲のオウムの絵など、江戸時代の人気画家の傑作がずらりと並び、圧巻だった。
明治時代初期の廃仏毀釈の嵐で寺社の財宝も失われつつある時代、日本の傑作を見つけたフェノロサらが収集を始め、今やボストンの日本コレクションは10万点という。92点は今回1年以上をかけて日本各地を回る里帰り。

国立博物館の敷地は他にも建物が幾つか。梅と緑色のドームをパチリ。

CIMG7454c.jpg

帰り際に法隆寺宝物館にも足を運んだ。満開の梅の咲く道の先に現代建築が現れる。

CIMG7457c.jpg CIMG7456c.jpg

飛鳥時代の国宝、重要文化財がずらり。
駅寄りの写真の国立西洋美術館や国立科学博物館もフランスのロベール展やインカ帝国展が始まっていた。上野に来ると芸術をおなか一杯にできる。

CIMG7461c.jpg CIMG7460c.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

TREview




東京都 ブログランキングへ





スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

コメントが定期的に更新され、3月も模様になってますね。きっと今日も更新だね。がんばれとうさん。

次は食べ物の記事

チェック頂きありがとうございます。
予測通りきょう午後、広島、美術と載せた次として食べ物の記事を載せます。
サクラや春のイベントの季節が来ますので、今後は間隔が変わるかもしれません。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示