FC2ブログ

世界らん展日本大賞2012を初日に観た

東京ドームで毎年この季節に開催される蘭の大イベント。今年が第22回目。18日から26日まで9日間のみの舞台の初日に出掛けた。

CIMG6471c.jpg

広い会場だが、入口の先に色彩鮮やかな蘭が溢れるように屋根を覆うオーキッドロードがシンボルタワーまでの通路を華やかに演出。

CIMG6511c.jpg CIMG6504c.jpg

シンボルタワーは高さ9mで広いドーム内でひときわ目に付く。その真ん前に受賞作品が飾られていた。

CIMG6475c.jpg CIMG6480c.jpg

洋らん、東洋らん、日本らんなど世界各国から10万株規模で所狭しと飾られている。写真は台湾とドイツの作品。

CIMG6494c.jpg CIMG6495c.jpg

大型の蘭のディスプレイも次々目に飛び込んで来る。

CIMG6496c.jpg CIMG6470c.jpg

仙台やスカイツリーも。

CIMG6492c.jpg CIMG6489c.jpg

沖縄美ら海水族館とのコラボ作品は大水槽の熱帯魚が植栽の向こうを泳ぐ癒し系。

CIMG6508c.jpg CIMG6509c.jpg

假屋崎省吾の作品も人気を集めていた。

CIMG6482c.jpg

それ以上の人気がボルネオ高地から持込まれた青い蘭。夕方なのに入場45分待ちの状態。

CIMG6493c.jpg

販売ブースも100店以上並び、ラン2鉢1500円のセールス品も。

CIMG6497c.jpg

10万株の溢れる蘭の競演に圧倒されて、写真を撮り捲って会場を後にした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

TREview




東京都 ブログランキングへ




スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

高級なイメージの蘭がこんなにあるなんてすごい時価でしょうね。

労作が目の前に

10万株ですから億円になるでしょうか。
金額はともかく、咲いた姿をこの日に合わせて見せる為、多くの園芸家の苦労の結晶と実感しました。
海外からや、大震災被災地からもたらされた、様々な苦労の物語があるようです。
花も何十万人の目の肥えた人々の前で咲き誇って幸せにも見えました。

No title

野球の巨人戦観た時と全然異なる空間がひろがっています。主役が野球選手でなく花なのであでやかです。

東京ドームでの競演

東京ドームは野球以外でも入った事はありますが、やはり観客席に囲まれた空間は勝負の場を匂わせます。らん展もその意味では賞の勝負の世界も併せ持っています。
でも賞を勝ち取る努力と結果を賞賛する以上に、美しさと圧倒される様々な蘭から成り立つ作品のラインナップに印象付けられ、感激します。
勝負という言葉より競演という言葉が合う世界ですね。
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示