FC2ブログ

シンガポール、マリーナベイサンズの衝撃

SMAPの携帯のCMで日本でもその姿は衝撃を与えた。これが天空のプール。SMAPが闊歩するプールサイドの向こうにプールの水が200メートル下に流れ落ちるように見える。初めて見ると驚く。

CIMG4033a.jpg

シンガポールのマリーナベイ地区に斬新な形状のマリーナベイサンズが昨年開業。

CIMG3985a.jpg

米国ラスベガス・サンズが本場やマカオと並んで経営する超高層豪華ホテルとカジノ、国際会議場、商業施設などの巨大複合施設。従業員7400人で支える規模だそうだ。日本のゼネコンの建造物が多いシンガポールだが、ここは韓国ゼネコンによる。地震の余り無い国の組み合わせ。

長さ150メートルの広いプールは家族連れにも合う120センチほどの浅さ。空中を泳ぐ気分で淵まで達すると水が流れ落ちるが受け皿の空間はある。

CIMG4039a.jpg

淵にもたれ掛かると眼下にマリーナ湾を見下ろせ、対岸の摩天楼やマーライオン像も真ん前。

CIMG4077a.jpg

このプールは宿泊者専用。部屋のカードキーを入口に差し込んで入場する。スカイパークという名の地上200メートルの世界は、プールのほか南国の樹木がたっぷり植えられた遊歩道があり、反対側にはシンガポール港の物凄い数の停泊する船やインドネシアの島が見える。真下には年末開園予定のガーデンのテーマパークが建設中。

CIMG4349a.jpg

東端には外から登れる展望台やバーがあり、大観覧車などが見下ろせる。

CIMG4342a.jpg CIMG4337a.jpg

その空母艦のような屋根を55階建てのホテルが3つのタワーで支える。アトリウムの下に巨大なロビーやレストランが広がる。ここは2560室の巨大ホテル。

CIMG4080a.jpg CIMG4027a.jpg

道路を挟んだマリーナ湾沿いには国際会議場、カジノ、劇場を有する巨大商業施設が林立。
1階にはゴンドラの浮かぶ運河やフードコートに囲まれたアイススケート場もあり、一方カジノは単独では世界最大。

CIMG4351a.jpg CIMG4135a.jpg
CIMG4074a.jpg

マーライオン像を対岸に望むデッキには博物館やルイヴィンの店の島もあり、夜は水上の光線のショーで楽しませてくれる。
買物、会議、劇場、博物館、カジノ、散策、食事に宿泊、と総合リゾートの実力に圧倒された。

TREview


スポンサーサイト



テーマ : シンガポール
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ソフトバンクのCM覚えています。高層ホテルの屋上のプールの水が向こうに落ちるのが凄くインパクトありました。行ってみたくなります。

天空のプールへどうぞ

是非行かれるのをお奨めします。空港から都心に近づくと見える斬新な建物。真下で見上げ、受付でアトリウムを見上げ、そして登ったフロアでアトリウムを見降ろし、ゆったりとした部屋の眺めを経て、部屋のカードキーで高速エレベーターを上昇、あの天空のプールが待っています。多い時は大ホテルの過半数が日本人という事もあるそうですが、SMAPのCM人気を思えばわかります。

No title

空中を泳ぐ気分というのがいいですね。ガーデンのテーマパークというのが間もなくできそうなら、完成後に行くとさらに楽しそうですね。

天空のプールの夜

空中を泳ぐのも昼も夜もokです。強い雨が来ると閉鎖されますが、ずっと雨という事はないと思いますし、夜景やカクテルの時間帯はすいてきてロマンチックで良い思い出に成りますね。反対側にジャグジーが確か3か所あって暖まる事もできます。

No title

ホテルのてっぺんに船の形のプールを良く乗せましたね。日本では認められるのでしょうかね。

日本の会社があの船を

プールの部分の空母艦については日本の会社が完成させていました。JFEエンジニアリング社のhpによると合計12千トンもの鋼構造物をホテル上部へ吊り上げ、据付つけたと説明されています。鋼材を現場でブロックに組み合わせ、ホテル両側に2つずつ吊り上げて上で組立てたようです。日本の技術であのユニークな船を地上200メートルの所に作っていましたが、日本の建築基準法でプール付きの重量物が認めらるかはわかりませんね。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示