FC2ブログ

東京臨海部超高層マンション建設が再び動く

今年3月の大震災により、液状化と高層階の揺れや停電への懸念が一気に高まった。
それまで写真の豊洲など東京臨海部は眺望、都心へのアクセス、大型物件の充実した施設や都市環境などの魅力で人気を得て、新たな高層マンションが増加していたが、大震災後に評価が下がり、開発が減速気味だった。

CIMG1827a.jpg

それが最近開発デベロッパーの防災対策や価格見直しなどにより、再び東雲、晴海などで建設と販売にアクセルが踏まれたようだ。
臨海大型物件は2015年まで5000戸も見込まれており、不安を払しょくした魅力ある物件を各社が競う事になる。
晴海ではウォーターフロントに1000戸クラスの49階建大型超高層マンションが2棟計画され、1棟目が来年初販売予定となった。高さ175メートルで2階には居住者専門の臨海庭園を配し、免震構造や災害対策に知恵を絞っているようだ。
石川遼も登場するテレビCMにも流れる東京中が羨む東京になるthe Tokyo of Tokyo。現地の工事囲い壁にも写真左の通り宣伝。写真右は壁の向こうの工事現場。

CIMG2996a.jpg CIMG2997a.jpg

晴海トリトンスクエアの店舗街に近接するが、マンションの横には一足先に来春、17階建てのオフィスと店舗棟も完成する。写真は工事前半と今夏の頃のもの。

CIMG8607a.jpg CIMG1729a.jpg

敷地全体の着工時頃の写真はこれ。広大なウォーターフロントが住宅、商業、公園などに開発されつつある。

CIMG4805a.jpg

内陸部の優良物件に人気が移った流れをどう戻すか、大手デベロッパーやゼネコンの免震や優良住宅の取組みが興味深い。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

TREview

スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

テレビでもネットでもこのマンションの宣伝をよく見ますが、販売も完成も来年以降と随分早くからキャンペーンするもんですね。

納得してマンション購入

住宅市況や開発規模により販売が早い事はよくあると思います。鉄骨も見えない内に、売主の説明に納得して購入を決断する必要がありますね。ここは市街地でなくウォーターフロントですので環境や開発計画の将来はわかりやすいと思います。もちろん免震や地盤の安心が今は大事ですが。

No title

地下鉄駅でもここの宣伝ポスター見ました

販売のPRは続く

宣伝ポスターは大手町駅などでも見かけますね。
ホームページを見ると湾岸のマンションの評価や災害時の安全性などを積極的に説明しています。販売が進むまでPRは今後も続きそうです。
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示