FC2ブログ

雄大な世界遺産の大サンゴ礁で泳ぐ

オーストラリアのケアンズ港を朝8時半に出航する双胴船で、沖合のグリーン島とさらに沖のサンゴ礁を訪れるツアーに参加した。

CIMG2182a.jpg

その日は風があってかなり揺れる、との予告通り、派手に上下左右に揺れてくれた。酔い止め薬と最後部の外の風を浴びた席のお陰か、酔わなかったが。
行き先はオーストラリア北東岸の沖合の南北2600キロに亘るグレートバリアリーフ、略してGBR。生物が作った世界最大のサンゴ礁はもちろん世界遺産。その規模は空中を飛ばないと中々実感がわかないが、サンゴ礁に近づくと浅いので海の色が変わり、サンゴで浅い大陸棚が深くなる境目あたりは水平線も白い波が連なる。

CIMG2167a.jpg

グリーン島には揺れる船で45分。ぽつんと浮かぶ島は鬱蒼とした熱帯雨林に覆われ、周囲がサンゴ礁。白い砂浜も広がり、海水浴もシュノーケルも楽しめる。

CIMG2161a.jpg CIMG2149a.jpg

その日は小雨が上がって上陸の瞬間に大きな虹が迎えてくれた。

CIMG2142a.jpg

島にはホテルも構えてあり、プールやマリンスポーツの施設がぎっしり。

CIMG2145a.jpg

そして島の桟橋からさらに沖へ50分。揺れた船が突然減速して安定してモアリーフというポンツーンが見えてきた。

CIMG2170a.jpg

これはサンゴ礁の浅瀬に固定した浮き桟橋で、そこに船が横付けし、まずは昼の食材や道具が運ばれ、乗客が続く。そこでも海底観賞できるが、昼食バイキングの後、シュノーケリングで絶海のまぶしいサンゴ礁を潜る。

CIMG2196a.jpg

潜水艦で少し沖に出ると海底に世界遺産のカラフルな見事なサンゴの庭を堪能できる。

CIMG2181a.jpg CIMG2192a.jpg

熱帯魚やナポレオンフィッシュやウミガメも辺りに現れた。

大サンゴ礁GBRのツアー料金には環境保護や研究目的で課される環境保全管理税も含まれ、大自然の芸術、大サンゴ礁を垣間見る事が、一方で保護の寄付を行う事にもつながる。揺れる船を乗り切った甲斐があった。

TREview

スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

サンゴは動物には見えないで鉱物に見えます。

動物に見えないサンゴですが

じっとしている固い物体は動物には見えないのですが、口があったり産卵したりするイソギンチャクの仲間と教わりました。
巨大な塊は海底を華やかに飾り、竜宮城がそこにあってもおかしくない気にさせてくれます。

No title

グレートバリアリーフという名前の響きがスケールの大きさを感じさせます。気軽にサンゴ礁に潜れるのはいいですね。

シュノーケル

行くまでは大海原に飛び込むイメージもありましたが、浮き桟橋ではシュノーケルの際はライフジャケットも装着するので誰でも沈まず、かつ監視員がずっと海を泳ぐ人を見守ってくれました。
グレートな世界でも誰でも気楽に潜れそうです。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示