FC2ブログ

今年の夏の日本橋

日本橋は伝統と新機軸が同居する街。背後に超高層の日本橋三井タワーが控える三井本館は重要文化財で、中の天井や柱も歴史物。

CIMG1722a.jpg CIMG1725a.jpg

老舗三越や高島屋も今はビアガーデンが人気。
そして一帯は再開発が活発。YUITO、コレド室町に続いて、南隣も既存の建物が解体されて、17階建ての高層ビルが3年後に誕生する予定。

CIMG1723a.jpg

さて写真の日本橋は今年架橋100周年。業者ケルヒャーのお化粧直しで色も蘇った。

CIMG1717a.jpg

橋の北西側には日本道路原標の碑、南西側には写真の日本橋由来の記念碑。

CIMG1743a.jpg CIMG1711a.jpg

そして南東側には滝の広場があり、壁面から水が出たり、ライトアップも可能だが、今春完成した船着場が今賑わう。日本橋にぎわい祭りの会場として屋台も出た。船着場からはお江戸日本橋コースの船が日本橋川から隅田川に定期便が出ているが、今はワンコインで乗船できる川めぐり橋めぐりの45分コースが楽しめる。

CIMG1712a.jpg CIMG1716a.jpg

夕暮れ時、ライフジャケット着用で首都高が覆う水路を東へ進む。かつての掘割はかなり埋め立てられたが、日本橋水門をくぐって亀島川が通れる。

CIMG1752a.jpg CIMG1751a.jpg

正面の隅田川に抜けると左の清洲橋とその向こうのスカイツリーが間近。下って大川端の高層マンション前を抜け、再び日本橋へ。小気味良いガイド付きで爽やかな船旅だった。

CIMG1756a.jpg CIMG1768a.jpg

様々なイベントは架橋100周年記念の「ECO EDO日本橋~江戸に学ぶ心の涼」というもの。江戸時代回帰は川めぐりだけでなく、金魚品評会や割引の恩典のある浴衣姿での夕涼みなど、五感で涼を楽しむ知恵と工夫の体験の場なのだそうだ。
大震災でエネルギー問題への関心が高まる中、冷房がなかった江戸時代の風物を探求できる。コレド日本橋地下のアトリウムの金魚アートの世界展というのもある。

CIMG1732a.jpg

日本橋を中心に、東京・京橋・新日本橋各駅も回る無料バスのメトロリンク日本橋ECOバスで各地を回るのはいかが。

CIMG1707a.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

TREview



スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ケルヒャーの高速洗浄のCMをよく見ますが、汚れた自動車をきれいにする圧力はすごいみたいです。あの圧力で日本橋も100年前の色に戻ったみたいです。

橋の洗浄

昨年末に洗浄していました。開始前の黒ずんでいたのが今の白い色にずいぶん変わりました。ボランティア、即ち無償で作業が行われ、日独友好のイベントにもなりました。
作業を通じて、震災か戦時中の痕跡もわかったようで、下を船で通ると黒いままに残した石も見る事が出来ました。

No title

日本橋も日本橋川も江戸時代の歴史が豊富な場所ですね。それにしても川の上の高速道路が空を塞いでいるのが...

高速道路の下にある日本橋

舟が進んで、途中で上空が開けるとほっとしました。東京も大阪もモータリゼーションが進んで都会の川の上を高速道路が覆ってしまいました。いつか高速道路を外した景観を取り戻してほしいですね。
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示