FC2ブログ

文京区白山界隈を歩く

大震災前に白山付近を散策した。白山は都営地下鉄三田線の駅。東京メトロ南北線本駒込駅も近い。
白山駅は東洋大など学校も多く、スーパー、コンビニや外食店が集まる。写真は白山上の交差点から下り坂方向。

CIMG9306a.jpg

白山上のバス停の脇に、通りから路地に入ると写真の湯豆腐の店、五右衛門がある。

CIMG9294a.jpg

西方向のすぐ近くには白山神社。孫文が座った石というのが伝えられている。あじさいが有名だが今は梅がよく咲いている。

CIMG9304a.jpg

白山から本駒込の辺りは谷中ほどではないが寺が多い。
まず圓乗寺。八百屋お七の墓がある。江戸時代初期に大火があり、当時16歳の娘、お七は被災してこの寺に仮住まいし、知り合った恋中が出来たが、やがて相手が元の家に戻る事を悲しみ、また仮住まいで会いたいと火を付けた門でとらえられて、火あぶりになった。

CIMG9297a.jpg

近くの大圓寺にはお七の罪業を救う為、熱した焙烙(ほうろく)を頭にかぶり、自ら焦熱の苦しみを受けたとされるお地蔵様がいたそうで、それにあやかり、首から上の病気平癒の霊験を求めてお参りする対象のほうろく地蔵がある。

CIMG9296a.jpg

千駄木方向に向かうと光源寺。今はしだれ梅が美しい広い境内の中央に大観音がある。

CIMG9301a.jpg

大観音から南に日本医大へ向かうと大学関連施設の前に夏目漱石旧居跡の記念碑がある。漱石がロンドン留学から帰国後住んでいた地。家自体は保存の為、明治村に移築され、今は記念碑と後方に猫のオブジェがある。そう、ここの家は出世作「吾輩は猫である」の舞台で「猫の家」と呼ばれた。川端康成の筆による碑文に説明がある。

CIMG9299a.jpg

但し猫がちょこんと居る場所が後方の垣根の上である意味はわからなかった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

TREview





スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

学校も多いけど、名所も多くて、さすが文京区です。

名所がいっぱい

白山を初め、文京区は文豪の軌跡や江戸時代の舞台が、説明板通じてたくさん知ることができますね。
ガイドを見てゆっくり散策するのが良いですね。

No title

文字通り、垣根の上で、吾輩は猫である、と主張しているみたいで、ユーモラスなところですね。

猫のオブジェが物語るもの

猫のオブジェは、記念碑と距離を置いて、かつ正面を向いていないので、あの大きさと場所から、気付かないで通り過ぎる人もいそうです。確かに猫の方は何か主張しているような気もしますが。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示