FC2ブログ

二子玉川ライズ誕生にニコタマの今昔を思う

ニコタマに新商業施設open。当初の開店予定は17日だったが、大震災の影響で19日に遅れた。シンボルの大空間ガレリアでは、フランスのパフォーマンス集団など多彩な開業イベントが予定されていたが取止めとなって、静かなopeningになったが、初日から賑わっていた。

CIMG9516a.jpg CIMG9515a.jpg

かつて遊園地やテ-マパークだった敷地を含む複合再開発の一環で誕生。名前のライズの由来は「太陽が、集う人々の毎日を輝かせる」意味だそうだ。
リバーフロント、タウンフロント、ステーションマーケットの3館を中心としたモールから成り、地階が東急の食料品のフロアで繋がっている。写真は東急フードショー。

CIMG9513a.jpg

隣接して1000戸を超える高層マンションも売り出していた。その先には広大な二子玉川公園も計画。商業施設との間は、今は空地。

CIMG9517a.jpg

迎え撃つのが西口の玉川高島屋。

CIMG9536a.jpg CIMG9523a.jpg

1969年11月11日に日本初の郊外型ショッピングセンターとして誕生した日には私も見に行った。かつて屋上では競走馬も売っていた時代もあるが、今やハイソとかセレブという言葉の似合う人気の商業施設。街はニコタマダムという優雅な婦人が闊歩し、子供と住みたい町No1としてママ達の絶大な人気を誇る。

夏の花火も魅力。ここは多摩川を挟んで世田谷区と川崎市が同時打上げで華やか。そもそも二子玉川の名前の由来は川崎側の二子と世田谷区側の玉川を合成して作ったので、両側の花火の打合いはここにぴったしの企画。

莠悟ュ千脂蟾・3a_convert_20110322123326[1]

二子玉川駅は大井町線とかつて玉電だった田園都市線、さらに玉電砧線の乗換駅だった。69年に廃止された砧線の跡は終点砧本村まで、今も一部遊歩道で残り、中耕地駅や野川を渡る吉沢橋などに記念碑を整備。

CIMG9535a.jpg CIMG9529a.jpg

中耕地近くに名物のそば屋がある。中に入ると鉄道グッズと世田谷線旧車両の運転席。

CIMG9533a.jpg CIMG9530a.jpg

カレー南蛮をすすりながら、店の主人に42年前廃線になった頃の話を聞いた。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

TREview



スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

玉電は懐かしいです。今でも世田谷線は残っていますが、あの玉電は博物館で見ます。但し宮崎台の博物館は東日本大震災の為、今は休館中ですが。

地下化と廃止

私も玉電が渋谷から道玄坂の専用線を登り、二子玉川で砧線や大井町線と交わる光景を覚えています。
玉電は路面で車と一緒で込み合うようになって地下化されましたが、砧線は路面を走っていなかったので、廃止しないでよかったかも知れませんね。跡地の歩道を歩いてそう思ったりしました。
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示