FC2ブログ

太陽の塔の内部に約50年ぶりに潜入

大阪万博は1970年。会場のシンボルだったのが太陽の塔。各国の展示施設など撤去され、太陽の塔の周囲の大屋根も消えた中、岡本太郎作の塔は残った。最寄りのモノレール駅を出ると緑の先に塔が見え、太陽の広場に立つ塔が真ん前では巨大。高さは約70メートル。

IMG_7083g.jpg IMG_7087g.jpg

前に2つの顔があり、後ろに回るともう一つの顔。さらに地下にも顔。その地下への道が約半世紀ぶりに公開されたエリアへの入口。

IMG_7088g.jpg IMG_7101g.jpg

入場券はネットなど事前購入のみ。入場ゲートの先に塔のデッサンや塔上部ののぞき穴。

IMG_7107g.jpg IMG_7106g.jpg

そのすぐ先が地底の太陽。仮面などで万博の展示では過去を語った。今回行方不明の岡本太郎の地底の太陽を復元。次の間への移動を待つ間、顔の色も変化。

IMG_7109g.jpg IMG_7111g.jpg

そして生命の樹ゾーン。万博では地上部への縦通路だったが、耐震補強や階段による昇降に改造。下の原生生物から上の原始人まで進化が33種類の生き物で表現。撮影は下の場所のみ。

IMG_7119g.jpg IMG_7114g.jpg

あとは階段を上り、生き物を間近に見る。50年前の壊れかかったものも新たに創作したものも混在。

IMG_7118g.jpg

階段を下りた先に、地底や進化の世界から抜け出た屋外の明るい現代が待っていた。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ


神奈川県 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示