FC2ブログ

♪夏が来れば思い出す♪尾瀬

はるかな尾瀬、遠い空。「夏の思い出」で歌われた、言わずと知れた貴重な高層湿原が尾瀬国立公園。
8月久しぶりに尾瀬へ。鳩待峠でバスを降りて、尾瀬散策を開始。入口には写真の通り、種子落としマットと入山者数カウンター。

CIMG5477a.jpg CIMG5478a.jpg

下り始めると程無く木道が現れ、30分で尾瀬ヶ原の入口、山の鼻に着く。ここにはビジターセンターがあり、今咲いている直物の情報がわかる。そこにある地図を見ると朝夕はクマに注意とある。尾瀬は月の輪グマが出没するところ。道の脇には写真の通り、クマに人間の存在を知らせる鐘がある。

CIMG5481a.jpg CIMG5542a.jpg

湿原や植物の探勝は木道を歩いてのみ可能。かつて尾瀬を訪れる人の増加で荒れ始めた時期もあって、東電などが木道整備や植物の現状復帰に取組んで改善してきたという。東電は電源として尾瀬の水利権や土地を取得し、今や国立公園の特別保護地区の過半を所有。それで自然保護を行っている。行った日も写真の通り、木道の付替工事に出会った。木道は10年の寿命という。

CIMG5541a.jpg

尾瀬は春と夏が来る頃に一面水芭蕉、ニッコウキスゲが咲き揃うが、8月も下旬になると秋の香り。キキョウがあちこち、地とうには可憐なヒツジグサ。一面の湿原の西側には至仏山、東側には燧ケ岳の山容が尾瀬を見守る。

CIMG5502a.jpg CIMG5500a.jpg

山の鼻から30分で牛首分岐。ここで昼食。さらに30分でヨッピ吊橋。脇にはクマに注意の看板あり。

CIMG5513a.jpg CIMG5530a.jpg

なお湿原の写真をメールしようとしたがそこは圏外だった。
スポンサーサイト



テーマ : 群馬県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ご無沙汰しております。
とても心が和む風景ですね。
木道って10年も寿命があるとは知りませんでした。
この木道で素敵な自然が守られているのですね。。。

木道

尾瀬の自然を保護しながら親しめるのも木道があちこちあるお陰。だからその維持と取替えが頻繁に行われているようです。平日でもあり、複数の箇所で工事に出会いました。

No title

尾瀬は自然環境の保護に力を入れているのは知っていましたが、写真を見るとあらためて木道の整備も大変な力仕事と伝わってきます。

No title

もう十年近く前になりますが、家内と2人で5月の連休中に日帰りで出かけたことを思い出します。半そでに近い姿と云う軽装で出かけ、駐車場から湿地帯へ移動する際には登山服に身を包み、ピッケルなどを携えた方々に囲まれて恥ずかしい思いをしました。水芭蕉もまだ少し頭を出す程度で一面雪に覆われていましたが、強引に分けて入って雪上で滑って転んだ記憶が蘇りました。その後、今度は雪が溶けて水芭蕉の盛りの良い季節に再訪しようと家内と話しながら実現しないままになっています。
ところで、近くの吹き割りの滝はご覧になりましたか?老神温泉の近くだったと思いますが、あまり類を見ない、中々勇壮な景観だったと記憶しています。

夏は重装備は要らないですが

尾瀬では殆んど木道を歩きますが、峠からの山道は脇から植物がはみ出ていますので長ズボンは必要と思います。上は暑い夏は尾瀬でも半袖で十分でした。但し水芭蕉の季節は寒い可能性ありますね。
吹割の滝は8月20日に記事にしていますので、見て下さい!

No title

9月なのに東京は猛暑のまま。尾瀬のキキョウの咲く湿原を見ると行きたくなります
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示