FC2ブログ

トンネルを抜けると越後湯沢

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。
ノーベル文学賞作家、川端康成の名作「雪国」の序。越後湯沢にはその記念碑がある。

CIMG4481a.jpg

かつては東京から新潟方面への鉄道は上越線で水上を過ぎて長いトンネルを抜けて群馬県から新潟県に入った。新幹線ができる前の長いトンネルといえばこの清水トンネル。北陸トンネルの次で丹那トンネルより長かった。冬に晴れた群馬県から入るとこの雪国のシーンが普通だった。

上越新幹線ができて、ここは便利になり、東京から大変近いスキー場になり、何とスキー場の新幹線の駅、ガーラ湯沢までできた。そして投資対象にもなって、リゾートマンションも林立し、写真の通り西の駅前から真ん前にも見える。今はバブル崩壊の反動も来ているが。

CIMG4478a.jpg

近くには町営の世界規模の大きなゴンドラの湯沢ロープウェイもある。冬スキー客で賑わうが、今は上のアルプの里で高山植物が待っている。

CIMG4500a.jpg

東の駅前は昔からの表口で、雪国記念碑も近い。ところで駅には小説雪国のヒロイン駒子もお迎え。

CIMG4479a.jpg CIMG4488a.jpg

新幹線下の駅の改札口の前には土産物の店がぎっしり。地元の自慢コシヒカリもあります。

CIMG4487a.jpg

東京から金沢・富山方面へは、この駅が新幹線と特急「はくたか」を乗換える中継点。改札を出て土産物店に向かう客は殆んどいませんでした。ロープウェイで高山植物を見てゆっくり湯沢温泉につかる今の季節が空いていていいのかな。
スポンサーサイト



テーマ : 新潟県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

雪国はノーベル賞選考の作品の一つですよね。
日本文学がノーベル賞で認められるってすごいですよね。

No title

越後湯沢といえばまず温泉とスキー場を連想します。
そういえば雪国の舞台でも魚沼コシヒカリの地元でもありますね。

雪国

越後湯沢の記念碑を訪れましたが、雪国は伊豆の踊り子の作品に比べて、舞台がそれほど観光で盛り上がってないように感じました。そういえばJRの特急の名前も伊豆の方だけですね。
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示