FC2ブログ

パンダ2世待ちの上野でバベルの塔と御対面

上野駅公園口を出ると右に国立西洋美術館。そちらはアンチンボルト展の6月公開を待っていた。

IMG_5197b.jpg

その先に博物館のイベント案内の看板が並ぶ。

IMG_5198b.jpg IMG_5199b.jpg

新緑の桜並木の前では白づくめのパフォーマンスに子供が興味津々。

IMG_5203b.jpg

さらに進むと上野動物園。パンダのメスは妊娠の兆候があり、入口にはオスだけ公開中と断っていた。上野の街に特需が来るのやら。

IMG_5204b.jpg IMG_5205b.jpg

隣では有名なバベルの塔の名画がオランダから上野の東京都美術館に久しぶりやって来て、見に行った。

IMG_5207b.jpg
  
天まで届く建物を作る人間の貪欲さが神の怒りを招くという伝説のバベルの塔の絵を、ブリューゲルは2つ残し、今回のは75センチx60センチと小さい。高さ500メートル以上の建物に散らばる1400人は真ん前に行っても殆ど見えない緻密さ。会場に用意された拡大した複製で、やっと人の動きが判る。絵は上の工事現場から下の生活まで1つの世界が表現されている。

IMG_5209b.jpg

近代の宗教改革の時代の傑作は、人間への警鐘でもあり、人間の可能性への挑戦とも解釈できる。会場には2つの撮影spotも用意。

IMG_5215b.jpg IMG_5214b.jpg

この至宝に加えて、先輩のボスの貴重な作品も2つ来日。こちらも小さいが奇想に溢れた意味深長な作品。ボスの絵はその後の流行を産み、ブリューゲル含む様々な絵、特に版画が広まり、会場では目を凝らして細密な絵を楽しんだ。
会場入口には、ブリューゲルに陶酔したAKIRAを描いた漫画家、大友の塔内部の想像画も公開。

IMG_5210b.jpg

パンダの動向が気になる上野の街で、フランドルの豊かなアートを楽しんだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

祝パンダ赤ちゃん

昨日上野は5年ぶりのパンダの赤ちゃんでお祝いムード。東天紅株も急騰し、商店街は波及効果を皮算用。
但し前回は1週間で病死したので、まずは無事危険期を乗り切って欲しいですね。

No title

お母さんの口に加えられた赤ちゃんがちゃんと育つかひやひやです。育てばおめでたい話です。

No title

今日は雨ですが、上野ではさっそく松坂屋がアドバルーンで赤ちゃんパンダを祝って盛り上がり必至ですね。元気に公開されるまで静かに見守りたい気持ちですが。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示