FC2ブログ

春の六本木でのアート競演

今月2つの異なるアートを一つの美術館で探訪した。2つは見慣れた水玉と初来日のスラブ超大作とかなり対照的。

IMG_0770b.jpg

六本木の国立新美術館では先月から草間彌生展。

IMG_0767b.jpg

今年88歳の彼女が創作を続ける「わが永遠の魂の絵画」が、広い会場の壁面を覆いつくしていた。そこは暖色を基調とする四角を水玉と網目が埋め尽くす草間ワールド。床の中央にも幾つかのカラフルなオブジェ。世界的な日本人女性アーティストの活躍に脱帽した。

IMG_0794b.jpg IMG_0805b.jpg

会場内からも見えるガラス越しの屋外には有名なかぼちゃのオブジェ。

IMG_0825b.jpg

美術館への道や脇も水玉など草間アートが溢れている。

IMG_0943b.jpg IMG_0948b.jpg

ショップは草間グッズを求める列が会場の外まで長蛇。その脇に草間を体感する小部屋まであった。

IMG_0808b.jpg IMG_0813b.jpg

同じ時期に1つ上の階ではミュシャ展。

IMG_0769b.jpg

こちらもグッズ店は賑わっていた。ミュシャのクリアファイルをget。ミュシャはパリの1900年前後に劇場のポスターで一世を風靡したアールヌーヴォーの旗手。

IMG_1064b.jpg

やがて祖国チェコ、スラヴの民族への思いを込める創作に転じた彼が、17年かけた20の超大作、スラヴ叙事詩が国外初の展示を実現。

IMG_0785b.jpg

会場に入ると大きな絵画が迫り、圧倒される。異民族やローマ教会の権威との戦いという苦難の歴史を、ミュシャは渾身の力で描いていた。一堂に会した貴重な機会に感動していると、1室が撮影okとなっていた。

IMG_0788b.jpg IMG_0789b.jpg

華やかなパリの絵で馴染みのミュシャのスラヴへの思い、世界に広がる鬼才草間の色と形、全く異なるものの強烈な個性が体に注いできた。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示