FC2ブログ

海外ライセンス契約の時代の流れを見る

昨年9月、リッツやオレオはナビスコのブランドを有するモンデリーズが販売することになった。ヤマザキナビスコが47年間のライセンス契約を解消し、ヤマザキビスケットとなって別のクラッカーのルヴァンを発売。ルヴァンはやさしい甘みの芳醇さが売りのクラッカーで形も四角。両方食べ比べる時代になった。

IMG_1401.jpg

一方バーバリーは三陽商会へのライセンスを15年で終了し、日本で自らの店舗展開に移行した。三陽商会は売上高の過半を占めたバーバリー喪失後、マッキントッシュなど後継ブランド育成に取り組んだが苦戦し、昨年末に社長交代に至った。写真はブルーレーベルなど昨年6月に終了する直前の銀座店。

IMG_7063.jpg IMG_7062.jpg

アディダスのライセンスもかつてはデサントに属し、ポロラルフローレンもオンワード管理だったが、バーバリー同様、本家が日本での直営化に動いた。写真は昨年のリニューアル直前のアディダス渋谷店。

IMG_8592.jpg

昨年日本進出45年を迎えたマックは業績回復過程にあるが、不振の時期に米国親会社は保有株式売却の検討に動いた。莫大なライセンス収入がありながら、世界戦略の中でライセンス見直しの可能性は否定できない。但し最近手放すことを決めたのは中国法人。

IMG_1458.jpg
 
東京ディズニーリゾートも同様。莫大なライセンスを貢ぐオリエンタルランドの契約でさえも将来のリスクがないとは一般論としては言えない。

2015tdlb.jpg

企業戦略やブランド力の変化に応じて、企業買収同様、ライセンス契約のリスクを昨年は改めて意識させられた。国内トップながら海外進出が遅れ気味のアサヒビールは世界の巨人インベブなどから欧州のブランド買収に打って出ている。

IMG_1876.jpg

権利を守るには買い取る交渉も必要になった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マクドナルド中国の動向

マクドナルドの中国法人が伊藤忠など出資する中国のCITICに20%残して売却されると報道されています。現在の2400店を拡大させるそうです。米国の象徴のようなファストフードが中国で再び支持されるのか注目です。

No title

ルヴァン美味しい。日本人に合ってる。

リッツとルヴァン

ルヴァンは日本産で海外産のリッツよりやや高めです。日本人に合う味でヤマザキは定着と拡販に躍起ですね。
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示