FC2ブログ

春うらら、4月4日まで上野にローマの美術館が再現

ローマ郊外のボルゲーゼ美術館の至宝が上野の東京都美術館に来ている。但し4月4日まで。そこで春を迎えて人出繰り出す上野の美術館へ。美術館自体はその後、写真の通り改修で2年間閉鎖すると貼り紙が出ていた。

ボルゲーゼ03a

写真の通り確かにやや老朽化が目につくが、ローマから50点の作品がやってきたのがこの美術館展。

ボルゲーゼ01a

ボルゲーゼはローマ教皇の甥で、その地位をバックにコレクションを増やした。
今回の目玉はラファエロ。題名は「一角獣を抱く貴婦人」。永く別人の作品とされていたが、今と違う姿をX線で透視すると動物が出現し、上塗りを削ると一角獣を抱いているのがわかり、彼の作品と断定されたそうだ。
ポスターで写真の通り、相並ぶ作品がカラバッジョの「洗礼者ヨハネ」。

ボルゲーゼ05a

カラバッジョは逮捕、殺人、投獄、脱獄と波乱の画家で映画の主役にもなったが、暗闇と光の明暗の画風は評価が高く、ボルゲーゼが長らく求めてようやく手に入れた作品。
2つを始めルネサンスにバロックの作品を順々に見て歩くと、ふと昔画家が見て描いたイタリアにいる気になっていた。この心地良さがあるから名画を見におカネをかけて納得行くのである。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

イタリアの絵は魅力的です。ローマに行きたくなります。

No title

ティツィアーノの作品は来ていないようですね。
でもボルゲーゼの目玉はベルニーニの作品と思うので貴重な美術展です。

ボルゲーゼの想い出

学生の時に行った松の美しいボルゲーゼの公園にある屋敷が印象的なのを思い出します。今回来たラファエロやベルニーニのほかに、確かにティツィアーノやクラナッハの名作もありましたね。
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示