FC2ブログ

関空に大阪の乗客は集まるのであろうか?

開港から今年で16年。伊丹空港の騒音問題解消の為、海上の人工島に作られた滑走路2つを有する24時間利用可能な立派な空港だが、拡大する計画通りに事が進んでいない事は御存知の通り。
写真は最近利用した時の、大きく迂回して着陸する前の海上からの遠景とターミナルの内と外。

CIMG2812a.jpg
CIMG2816aa.jpg CIMG2817a.jpg

関西の国際線はここが専用だが、着陸料が高かったり、世界的な景気後退で利用する国際線の数は当初の想定には及ばない。それ以上に国内線は人気の伊丹、後発の神戸との競合に晒され、大阪の中心的な空港になれず、ハブ空港になれていない。
そんな中で有利子負債1兆円超を抱える空港に財政支援しても、根本的な解決が進まないと良くならないですね。
収入拡大など財政基盤の改善の為、どうすればよいのでしょう?

現在のままの伊丹との並存は乗客数に限界があることから、大阪府知事の言う通り、多分見直さないと。リニア中央新幹線が出来る時、主力の羽田との便は競争力を失うでしょうが、その時まで待つのでしょうか?
交通アクセスは写真の駅から南海特急で難波まで30分台、と成田よりベタ-だけど、大阪府北部や兵庫・京都から遠く思える。梅田からのJRや地下鉄新線計画もあるけど、もっと速く安いアクセスで利用客をひきつけなくては。

CIMG2818aa.jpg

人工島の対岸では写真のりんくうタウンの開発が進んでいる。当初の高層ビルをたくさん造る計画は崩れたが、アウトレットや物流施設など最近になって用地売却も進んだと言う。構想や計画の前提が崩れた以上、このように大胆に見直さないと健全な発展に繋がらない事を教えてくれます。

CIMG2819a.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村











スポンサーサイト



テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

伊丹空港のほうが好きですねー。

No title

日本の空港のほとんどは計画時に利用客数を過大に見込んだもの。最近開港した茨城空港にいたっては、国際線はソウル便、国内線は神戸線のみ。関東圏は成田、羽田で充分。ほんんとに無駄使い。
関空と伊丹の並存も橋本知事の言うとおり、見直すべきでしょうね。

No title

茨城空港はきょう開港です。新聞読むと今月成田の枠が増える、中部にも名古屋空港もあると。三大都市圏でこれですから、地方空港は無責任なくらい作り過ぎですね。

No title

神戸にしろ茨城にしろ どうして同じ商圏の中で空港を作るのでしょうか?確かに近いと便利が良いですが・・・。便数が増えて飽和状態なら理解できますが。
便利さばかりを優先して何かバランスを失っているような気がします。。。

空港を造ってばかり

政官、地方も空港を誘致する「事業」が目的で、円滑な運用や経営に対する責任や目標管理マインドが薄かった事例が多かったのでしょうね。
過剰設備や関連産業に対する見直しが、JALの法的整理のように避けられないですね。

No title

人口第2位の神奈川県に民間空港はないが、羽田空港が隣なので無理やり作らないでよかった。羽田の神奈川からのアクセスは改善して欲しいが。

No title

関空は難波駅から30分台ですか。近いですね。それでも遠いと思うのは、関西人がせっかちなのか特急の値段が不満なのか。
でも東京の人も近くないと思うかも。

No title

大阪人には伊丹が羽田、関空は成田みたいで、関空は遠い感じ。

No title

きょう15日、関空KIXではAIRSIDE AVENUEという国際線出国ゲート窓際にブルガリとか免税店がオープンしました。やはり国際線のお客を中心に関空がもっと発展せねば。

羽田からのコース

国際線の店舗充実で、中国人始め旅客と収入拡大にプラスでしょうね。一方の国内線で気になったのは、羽田からのコースが大回りで時間も燃料も負担かかる点です。和歌山県の上を通過し、四国も見ながら淡路島を通り、関空を右に見ながら大阪市内に接近したところで旋回し、北から着陸するというものです。伊丹で慣れた時間や距離感と比べじれったいですね。
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示