FC2ブログ

古代民主制の先進国ギリシャは今..

欧州の共通通貨ユーロは1999年に創設され、ドルに対抗する国際通貨になりましたが。

一昨年のリ-マンショックでは欧州も信用不安が高まり、1ユーロ120円割れと下落。一旦回復を見せたが、投機マネーは信用不安を抱えるユーロの弱い材料を見つけて売っている。今また120円に接近。要因はギリシャ。ギリシャの財政赤字はGDP比12%に達し、財政再建を進めないとユーロの掟に反する。ユーロの掟とは財政赤字をGDP比3%以内に抑えるというもの。もっとも英国など入れたEU平均では7%に達し、多くの国が既に掟破り。通貨・経済統合を進めても財政は政治同様各国でばらつくEUの根本問題がありますね。

さてギリシャはEU加盟が1981年、ユーロ加入が2001年。今の先進地ヨーロッパの礎がギリシャ古代文明の発展に因るので、経済力がEU基準に達する前に加盟・加入を認めたという説もあります。

最近旅行した人から送られた今のアテネの写真を紹介します。
古代民主制の舞台だった都市国家アテネの神殿がアクロポリスの丘に創られた。ペルシア戦争を退け、今残る石造りのパルテノン神殿がそびえる。古代アテネが衰退して、トルコ支配の時代に破壊されたり、大英博物館に彫刻が運ばれたりしたが、柱などは残り、今も修復が進んでいる。それが左の写真。夜、遠くから見た写真も。

1002アテネ16a 1002アテネ03a

今、アクロポリスの下では、財政改革に反対するゼネストが繰り返され、財務規律の低下したギリシャ危機の解決まで苦難の道が続きます。
南欧4カ国はPIGS(アイルランド含めるとPIIGS)と呼ばれて欧州の不安材料とされているが、ユーロ信認の根本問題を揺るがすギリシャ問題の沈静化と拡散防止がEUの急務です。
そう言いながら、比較にならない巨額の債務を抱える日本が心配ですね。
スポンサーサイト



テーマ : ギリシャ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ギリシャでオリンピックが開催されたのは今はいづこかな

No title

ギリシャは同じユーロでも物価が安かったのがよかったと思いますが、借金が増えるばかりでは先がもたないですね。

五輪再開催の裏で

古代オリンピックを復活させた近代の第1回は1896年アテネ大会でしたね。それは日本も出場してない10数カ国の規模。
100周年で立候補した時はコカコーラの牙城アトランタに敗れ、2004年に再開催。200超の国と地域が参加して、日本も柔道などで金メダルたくさんでした。
華やかな開催国になった裏で、財政粉飾が進行してたのでしょうね。 

No title

暗いアクロポリスが今のギリシャを表しているのですね。

ギリシャ危機がパルテノンへ

ギリシャ財政危機へのEUなどの対応がすっきりしない中、地元はゼネストへ。一部はあのパルテノン神殿で「PEOPLES OF EUROPE RISE UP」の横断幕まで。痛みを伴う財政改革の前途は多難です。
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示