FC2ブログ

懐かしい竹富島

石垣島の向かいに平らに横たわる竹富島がよく見える。島はサンゴの塊。

P1260647h.jpg

周囲9キロの小島は、観光客が最も沖縄の原風景を感じる人気の島。300人台の住民が竹富島憲章を作って昔ながらの姿を守っている。
石垣港から頻繁に出る船は10分余りで竹富港に着く。グラスボード船も待っているが、桟橋には水牛車とレンタカーの送迎車が並んでいた。

P1280846h.jpg P1280786h.jpg

観光の目玉、水牛車の乗り場には車で数分。水牛に引かれた車は白砂の道を約30分で回る。働き者の水牛は前の水牛接近や生理現象次第で停止することもあるが、サンゴで出来た石垣と赤レンガの家を眺めてゆったり島めぐりが楽しめた。

P1280820h.jpg P1280792h.jpg

シーサーが鎮座する赤レンガ屋根を眺めて、昔にタイムスリップした集落を歩くのが心地良い。

P1280791h.jpg

あちこちの家が飲食店や宿だが、ブーゲンビリアの垣根、大きなデイゴやガジュマルの木が南国らしい。

P1280833h.jpg P1280836h.jpg

島の中央にはコンクリートの物見台、なごみの塔があって、上からは赤い屋根の並ぶ光景が楽しめる。

P1280813h.jpg

西に進むと夕日で評判の西桟橋。正面に大きな西表島が横たわる。

P1280822h.jpg

他に日本最南端の寺、竹富独特の神社なども見つけた。

P1280832h.jpg P1280837h.jpg

港近くのゆがふ館では島をしっかり学べる。

P1280843h.jpg

水牛車の案内人が三線で島の唄を聞かせてくれるのも良い思い出。

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 沖縄
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今日は東京も暖かいですが、去年は今頃大雪が来ました。同じ日本でも夏が近いような竹富島は暖かそうです。都会と違う景色、いいです。

独特の景観を守る

大変久しぶりに訪れて、竹富島の貴重な集落が保存されているのが嬉しく感じました。もちろん宿、店、周囲の道路など随分変化はしていましたが。集落の道は住民が砂を巻いて維持し、サンゴの石垣も手入れして、と文化、景観を守る努力が伝わってきました。
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示