FC2ブログ

六本木は日展とクリスマス飾りの季節

10月末から今年も日展が六本木の国立新美術館でstart。それが何と今年が第1回。実は昨年が第45回だったが、直前に審査の疑惑が表面化。第3者委員会設置を通じて、新体制での第1回としたもの。

PB052400h.jpg

日本画、洋画、工芸、彫刻、書の5つの会場から成るが膨大な力作が揃う。日本画は20室に跨る。抽象画は少ない。

PB052403h.jpg PB052405h.jpg

ジュディオングの作品も発見。

IMG_0142h.jpg

洋画は28室に及ぶ。

PB052413h.jpg

工芸も陶芸初め作品は多彩。

PB052419h.jpg

彫刻は圧巻。広めの部屋に作品がびっしり。あまりに多いので受賞作品を中心に見歩いた。

PB052421h.jpg

一方東京ミッドタウンは今月13日からクリスマスの飾りが溢れる。まず入口のプラザ1階の複数のツリーが迎える。

PB132189h.jpg

屋内に入ると今年も1800体のミニサンタのツリー。

PB132180h.jpg

B1に降りるとギフトなど並ぶマルシェ。吹抜けの天井を見上げるとダイヤモンドダストが輝く。

PB132181h.jpg PB132163h.jpg

外の芝生広場を見ると青く光っている。スターライトガーデンが今年も光る。毎年のように芝生がこの時期、青く光る宇宙の海に変身。通りも青。

PB132185h.jpg PB132178h.jpg

六本木が今年の総仕上げに入っていく。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

再生日展は、45回の過去の開催数をリセットしたのは、その意思が汲み取れますね。入賞作品にも何らかの変化があった筈ですね。

新日展は変わった?

新聞記事によると、事前審査を禁止する方法に改めて、最も作品数の多い書では出展数がかなり減り、初入選が増えた影響が出たそうです。但し工芸や絵画など傾向はあまり変わらいという少数の外部審査員のコメントも載っていました。
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示