FC2ブログ

横浜トリエンナーレあちこちの会場

3年ぶりに8月1日に始まった横浜トリエンナーレ。主会場の横浜美術館以外に他の地でもアートが繰り広げられている。
準会場が新港ピア埠頭。普段は関係者以外入れない港湾施設。

P8060614g.jpg

その岸壁の大きな建物にアートが集結。入るとカラフルな移動できる舞台トレーラー。

P8060615g.jpg

その隣は広島の少し昔と最近の比較写真。

P8060616g.jpg

その先は映像や写真が多く、今回のテーマの忘却に基づく為か、同じシーンの続く単調なものが多い。どれも撮影ngだったが、その先は広いスペースでオブジェもゆったり。

P8060620g.jpg P8060623g.jpg

ドアの先は海と作品の一角も。

P8060618g.jpg

3年前主会場だったBankARTは、今回は連携拠点の位置付け。訪問者も少ない倉庫会場だったが、3フロアにアートが並ぶ。1階では木の小屋に投影される映像、2・3階は幾つかのギャレリーに分かれてオブジェから映像まで幅広い。

P8060631g.jpg P8060630g.jpg

横浜創造都市センターも連携だそうだが、広いホールはアーティストが造ったカフェ1つだけ。アート実感とはいかず。

P8040585g.jpg

数々のアートは観客に想像力を求める。象の鼻を通ると、屋外に3角形の帆が3つ配置されていた。港を望む広い敷地をスタジオにしたアートが心地良かった。

P8040560g.jpg P8040571g.jpg

トリエンナーレ会場近くではタイアップして食事にお得なサービスの付いた店もあり、和食にソフトドリンクを付けることが出来た。

P8060612g.jpg

帰りのみなとみらい線では、電車の先頭にトリエンナーレのマーク発見!

P8150742g.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村




神奈川県 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

横浜は現代アートが似合う気がします。

海辺でアートを盛り上げる街

横浜でトリエンナーレの実績を重ねていますが、開港以来新しいものが入ってきた街のspiritもアートを盛り上げます。
今回海辺の新興ピア埠頭が会場ですが、参加者の国際性と相乗効果を感じました。
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示