FC2ブログ

鎌倉文学館でバラを見て文学を学び海を見る

6月8日までバラまつりの鎌倉文学館を訪れた。

IMG_2974g.jpg

鎌倉駅西口を出て歩いて向かった。程なく御成小学校。校名は高浜虚子によるという。歴史ある学校の古い校舎が外の道からよく見える。

IMG_2945g.jpg IMG_2947g.jpg

その先の鎌倉大谷記念美術館は休止中。その先の吉屋信子記念館は日曜だけopen。今回は入場できなかった。

IMG_2949g.jpg IMG_2951g.jpg

15分以上歩いてようやく新緑の木に覆われた入口。

IMG_2953g.jpg

鎌倉は文豪が大勢住み、交流があった所。すぐ近くで「山の音」を書いた川端康成、そこに通った三島由紀夫、その資料や直筆原稿が文学館には並ぶ。芥川龍之介の小さな字で書いた原稿も発見。今は夏目漱石、森鴎外らの愛と文学を現代女流作家のコメントで追う企画を実施中。
外のテラスからは湘南の海が見える。

IMG_2972g.jpg

建物の前は芝生、その先に咲き終わったツツジ、そして今はその先のバラ園が見頃。バラ越しに文学館を見るアングルが中々良い。

IMG_2961g.jpg IMG_2968g.jpg

海に向かうと最寄り駅江ノ電由比ガ浜駅。

IMG_2981g.jpg

踏切を超えて行くとやがて由比ガ浜。相模湾の正面は大島、左は鎌倉の海辺。

IMG_2987g.jpg

その手前に鎌倉海浜公園があり、そこはかつて明治の格式ある建物があった説明と共に往年活躍した江ノ電の愛称タンコロが1両。

IMG_2982g.jpg

昼間は車内にも入れるが、海辺らしくシートに砂埃が積もっていた。

IMG_2984g.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村




神奈川県 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

鎌倉でばらとは、格調高く優雅です。鎌倉の文豪も同じように愛でたでしょう。

静かな緑の山裾

鎌倉駅や小町通り、そして間もなくあじさいで特定の場所は混雑します。でも文学館の周りは静かで後背の山の緑も文学の世界に通じる気がします。バラとの組み合わせで訪れる人を幸せにしてくれました。
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示