FC2ブログ

赤くない赤の広場、最新モスクワ第3回

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

ソ連時代、共産党は赤がシンボル色なので、確かに革命記念日など垂れ幕や旗で赤に沿っていた。しかしソ連時代は70年だけ。もっと歴史のある広場が赤と呼ばれるのは、赤というロシア語が昔は美しい、の意味で、17世紀に整備された時、美しい広場と名づけられた為。

さて東西700メートル、南北130メートルの広場は、赤くない青っぽい石が敷き詰められ、ソ連時代も今も特別な日に戦車がパレードするが、20年前にドイツ人のセスナ機が強行着陸出来た広さがある。

さて今回も毎日広場に足を踏み入れて、ここでの歴史に思い巡らした。南側にソ連指導者が並んでいたこと、東側はステンカラージンが反乱を起こして処刑され、又美しい聖ワシリー教会を建てた者がイワン雷帝に目をつぶされたこと、そして北側のグム百貨店前は今や冬に屋外アイススケート場になったこと。平日朝行ったら、写真の通り人出は少なかった。テロの多かった時やイベントある時は広場は入場禁止。
モスクワ113a

やはりここに来たら行くべきはレーニン廟。レーニンの遺体が見れる所。朝10時から入場できるが、長蛇の列。入場料は無料だが荷物やカメラは持ち込めず、入口近くで有料で預ける。明るい広場から上にレーニンと書かれた入口から急に暗い室内に入るので、目が慣れないでいると、角毎に兵隊が立って手でこっち行けと合図する。程なく眠れるレーニンが見えるが立ち止まると怒られる。まだソ連っぽい。
モスクワ115a

広場は神聖な場のようだが、米国映画撮影やマッカトニーのコンサートや山本寛斎のファッションショーが行われたり、名物の広場は結構「有効」活用されている。赤くない広場は世界の人を寄せ付ける。
スポンサーサイト



テーマ : ロシア
ジャンル : 海外情報

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示