FC2ブログ

万博記念公園の花めぐり

太陽の塔の後ろを歩くと、梅林と竹林の一角。

IMG_7094g.jpg

そこからケヤキの丘の木立。

IMG_7095g.jpg

やがて花壇が次々現れる。

IMG_7096g.jpg

その先に太陽の塔もチラリと見える。

IMG_7097g.jpg

日本庭園のゲートを過ぎると、新たに整備された平和のバラ園が登場。

IMG_7146g.jpg IMG_7125g.jpg

バラ園越しにも太陽の塔が現れる。

IMG_7142g.jpg

その北が日本庭園。つつじ越しに池と灯篭。

IMG_7139g.jpg

東に進むと睡蓮の池

IMG_7130g.jpg IMG_7131g.jpg

花菖蒲園も広がる。

IMG_7136g.jpg IMG_7132g.jpg

5月の庭は初夏の花が勢ぞろい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ


神奈川県 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

JRおおさか東線と近郊の鉄道

久しぶりの関西で大阪周辺の鉄道色々に出会った。まずは新大阪から関西本線(大和路線)久宝寺まで今春開通したばかりのおおさか東線に乗った。新大阪駅では2番線から発車。

IMG_7321g.jpg IMG_7163g.jpg

終点久宝寺では同じ色の王寺行きが待っていた。

IMG_7322g.jpg

大阪では阪和線直通の紀州路快速、和歌山・関西空港行きに乗った。中央環状線内でも幾つか通過。阪和線内では関空特急はるかに出会った。

IMG_7184g.jpg IMG_7186g.jpg

私鉄では近鉄特急。

IMG_7425g.jpg IMG_7423g.jpg

近鉄奈良で見掛けたのは阪神の三宮行きの電車。地下鉄経由の直通開始から10年経っていた。

IMG_7424g.jpg

南海特急りんかんも見掛けた。始発駅なんばではハニワ駅長が挨拶。

IMG_7267g.jpg IMG_7268g.jpg

乗ったのは準急。

IMG_7264g.jpg

地下鉄は千里中央駅から御堂筋線なかもず行きや、谷町線大日行きに乗った。

IMG_7159g.jpg IMG_7317g.jpg

万博記念公園に行く時は大阪モノレールにも乗った。日清食品のマスコットのラッピング。

IMG_7074g.jpg

大阪では略1日で色々乗り回すことが出来た。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ


神奈川県 ブログランキングへ

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

近江八幡でタイムスリップ

三方よしの精神で知られる近江商人の街が近江八幡市。駅からバスで数分乗ると新町。その名残の街並みがある。

IMG_7581g.jpg IMG_7523g.jpg

そして観光で人を集めるのがそのすぐ近くの八幡堀。映画のロケでも使われる景観は江戸時代にタイムスリップ。戦後しばらくは荒れ放題だったが、地元の保存改修の努力で蘇ったという。

IMG_7528g.jpg IMG_7530g.jpg

堀のすぐ横を散策出来,ちょうど黄菖蒲が初夏を彩っていた。

IMG_7533g.jpg IMG_7540g.jpg

古風な遊覧船も行き来していた。

IMG_7550g.jpg IMG_7554g.jpg

近江商人の栄えた時代を伝える家並みも堀に沿ってあり、かわらミュージアムもあった。

IMG_7568g.jpg IMG_7560g.jpg

白雲館は明治建立の学校。メンソレータム発売の会社のミュージアムも発見。

IMG_7570g.jpg IMG_7580g.jpg

京都からの帰途、途中下車で寄って良かった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ


神奈川県 ブログランキングへ

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

琵琶湖疎水通って京都から湖都へ

明治維新で東京遷都となると京都は衰退を見せた。その復活に重要な役割を担ったのが琵琶湖疎水。琵琶湖からの水路をトンネルも掘って作り、水運、水道、発電に活用。その水路を往復するびわ湖疎水船が70年ぶりに蘇った。京都側のスタートは蹴上。京都御所への防火用水のポンプのレトロな建物とトンネル入口が出発点。

IMG_7489g.jpg IMG_7491g.jpg

暗いトンネルを船はまっすぐ進み、途中もやがかかる個所もあった。

IMG_7496g.jpg IMG_7509g.jpg

トンネルを抜けるとまぶしい新緑の木々の合間を進む。

IMG_7503g.jpg IMG_7504g.jpg

途中水道橋や朱塗りの橋も上を通り、右に天智天皇陵も広がる。

IMG_7507g.jpg IMG_7505g.jpg

3つ目の全長2400メートルのトンネルの先は終点大津。トンネルの壁に投影された映像で建設を進めた京都府知事が語るのが見える。

IMG_7514g.jpg IMG_7511g.jpg

大津側のトンネルを出ると船着き場までは桜並木。下船すると琵琶湖の堰や水門が目に入る。

IMG_7517g.jpg IMG_7518g.jpg

JR大津駅まで徒歩20分で着いた。

IMG_7520g.jpg

明治時代の先人のチャレンジが、今も京都を大きく支えている。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ


神奈川県 ブログランキングへ

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

大混雑の清水寺と東山の今

京都駅から清水寺近くに向かうバスは道も客も混雑。清水坂は駐車場まで観光バスで混む道の端を歩行者が歩く。七味の店の角は観光客でごった返す。ガイドが誘導する旗もあちこち。

IMG_7440g.jpg

インバウンドと修学旅行の客が入交れて人いきれ。おまけに5月に35度位と季節外れの猛暑。朱塗りの清水寺の前はレンタル着物客も目立つ。

IMG_7443g.jpg IMG_7444g.jpg

振り返ると坂の人出が凄い。一方京都盆地の眺めは良い。

IMG_7447g.jpg IMG_7458g.jpg

ところで清水の舞台はしばらく修復中。

IMG_7451g.jpg

大混雑の坂を右折して三年坂、二年坂と下るが、観光客が買い物、飲食、散策で楽しむ賑やかさが続く。

IMG_7466g.jpg

やがて左に八坂の塔を見る光景。京都らしい人気の場所が、昔の京都を残す小路は喧騒を嫌う地元が観光客に撮影禁止を訴えていた。

IMG_7462g.jpg IMG_7468g.jpg

ねねの小道を歩いて、円山公園を過ぎると知恩院。

IMG_7477g.jpg IMG_7481g.jpg

青蓮院門跡の入口の緑を見ながら北上すると、三条通に出る。

IMG_7484g.jpg

東山は絵になる街並みが次々現れ、京都の旅から外せない。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
にほんブログ村




東京都 ブログランキングへ


神奈川県 ブログランキングへ


テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

あかーる

Author:あかーる
あかるいとうさんのブログへようこそ!
世界各地や国内各地、住んだ所も、旅行した所も、美術や音楽の場へも、出掛けた所について発信します!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示